モンテケ カウベル

     

 

monteke home |  インフォメーションお問い合わせ サイトマップ会社案内リンク

 





関連ページ

・ブログ ラバリの村






 

























































































その音を聞いたのは、日本のインド系雑貨屋である。
日本のちりんとした鈴とは違って、
ごおおーんという無骨な音がした。

インドでこのベルを気になりだしたのは、
砂漠地方である。

広大な砂漠に、姿が見えないけれど、
かすかにベルの音が聞こえた。
放牧している牛のつけているものだ。

こうやって飼い主は、ベルの音を聞き分けて、
自分の牛を見つけるという。

当時は、牛飼いは耳がいいのだな
と思っていたが、
ベルは様々な音がある。
低いもの、高いもの。
だから、同じ音は無いのだ。


そんなベルを代々作っている家庭を訪れた。
完璧なベルの音を出すらしい。

興味深々でリクシャに連れて行ってもらう。
「アッサラーム アレイ コム!」

ムスリムの家庭であった。





家に入るとすぐに工房になっていた。
日差しが強い日中でも、
家に入れば涼しい。
しかし、奥に入れば工房に火がたかれ、暑かった。

 



▲夏場はものすごい暑さになる。
また、鉄粉が舞っているので、喉が痛い。





↑牛が何頭もいる時は、ベルは素敵な音楽を作り、牛飼いも歌を歌う。

 
 



▲手作業でひとつひとつ仕上げていく。
はじめの工程。



彼らは鉄製のベルを作っているのだが、
銅粉を周りにつけ、粘土でやくから、
仕上がりは、銅のようになると教えてくれた。

近くにいたお母さんは、
チャパティをつくる要領で、土と水を混ぜ、
丸くひきのばして、土台のベルにつけて見せてくれた。

足元に大きなダニがいて、
足をかまれてしまったが、
お母さんがそっと、ダニを避けてくれた。

喉に鉄の粉が入り、むせこむ。
結構過酷な工房である。














そのあと火の中へ入れ、十分火が入ったら、
水の中へ入れ、急速に冷やす。
そしたら、周りの粘土を壊すだけだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


このおじいさんが、鈴の音を決める最後の仕事をやる。
1つ1つかなり力がいる。
ふちに溝を作り、共鳴するように木の棒」があたる場所を作る。

かなりこだわって作っていたのに驚いた。
妥協することがないから、いい音がでる。

カランカランという気持ちの良い音をきくと、
おじいさんは手を休めて、インドの葉巻ビリーを吸い出した。

「鳴らしてみろ」とベルを渡す。

カランコロンといい音がした。
それはインド雑貨屋で聞いた音とは違う、
繊細で自然な音だった。

 


Copyright © 2007 monteke.com. All Rights Reserved