monteke home  |  インフォメーションお問い合わせ| サイトマップ会社案内リンク


    


 


 

















「お金の神様」 ガネーシャ


シヴァとパールバティーの次男。
豊かな体は富を象徴し、商売人には欠かせない神様です。

象の頭をしていますが、こんなエピソードが伝えられています。

・・・・・パールバティは、自分の垢をこねて、
子供を作りました。

それが、ガネーシュ。

ある日、自分沐浴中に、
見知らぬ者を中に入れぬよう、
ガネーシャに命じます。

そこへ留守をしていたシヴァが帰ってきます。

ガネーシャは言いつけを守り、
シヴァすらも中に通そうとしませんでした。

怒ったシヴァは、ガネーシャと戦いますが、
ついに、ガネーシャの首をはねてしまいました。

成り行きを知ったパールバティは、
嘆き悲しみます。

困ったシヴァは、
1番最初に北からやってきた生き物の首を切り、
生き返らせる事を誓いました。

それが、象だったというわけです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




風水のように、商売を商うものの家や、
仕事場には、お金が舞い込むと信じられ、
このガネーシュが飾られています。

日本でもガネーシャは、親しみがあり、
1番人気のある神様ですが、
インドでは商売人を除き、
意外に、人気はありません。

ガネーシャの側に必ずいる鼠は、
ガネーシャの乗り物です。

甘いものが大好きで、
ミータ(甘いおかし)、
再生の象徴である、蓮の花、
恐れが無いことを現す手、
武器を持っています。

牙は片方折れていて、
豊満なお腹は、
富の象徴と言われています。

 
 
Copyright © 2007 monteke.com. All Rights Reserved


 

monteke home  |  インフォメーションお問い合わせ| サイトマップ会社案内リンク